コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永恕 とくながゆき

百科事典マイペディアの解説

徳永恕【とくながゆき】

社会事業家。東京新宿の生れ。東京府立第二高等女学校在学中にキリスト教受洗。1908年の卒業後,四谷鮫ヶ橋の二葉幼稚園(のち二葉保育園)の保母となった。1919年不就学児童のための小学部を設置,1921年日本初の母子保護施設〈母の家〉を創設した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永恕 とくなが-ゆき

1887-1973 大正-昭和時代の社会事業家。
明治20年11月21日生まれ。東京府立第二高女卒業後,四谷の二葉幼稚園(のち二葉保育園)の保母となる。不就学児童のための小学部や日本ではじめての母子保護施設「母の家」を創設。昭和6年二葉保育園園長,のち理事長。戦後も戦災母子や孤児収容・保護につくした。昭和48年1月11日死去。85歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とくながゆき【徳永恕】

1887‐1973(明治20‐昭和48)
社会事業家。東京新宿の生れ。貧しい家に育ち,東京府立第二高等女学校(現,都立竹早高校)在学中から国禁の書を読み,キリスト教の洗礼をうけた。1908年卒業と同時に,四谷鮫ヶ橋の二葉幼稚園(1916年に二葉保育園と改称)保母となった。園の創立者野口幽香(ゆか)(1866‐1950)から〈二葉の大黒柱〉と信頼され,以後《青鞜》派にひかれつつもみずから後衛を任じ,つぎつぎと社会事業をおこした。19年不就学児童のための小学部を設置,21年には死か堕落の岐路にあえぐ母と子を収容する〈母の家〉を創設した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

徳永恕の関連キーワード昭和時代保育所柳津る大正