コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永恕 とくながゆき

3件 の用語解説(徳永恕の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

徳永恕【とくながゆき】

社会事業家。東京新宿の生れ。東京府立第二高等女学校在学中にキリスト教受洗。1908年の卒業後,四谷鮫ヶ橋の二葉幼稚園(のち二葉保育園)の保母となった。1919年不就学児童のための小学部を設置,1921年日本初の母子保護施設〈母の家〉を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永恕 とくなが-ゆき

1887-1973 大正-昭和時代の社会事業家。
明治20年11月21日生まれ。東京府立第二高女卒業後,四谷の二葉幼稚園(のち二葉保育園)の保母となる。不就学児童のための小学部や日本ではじめての母子保護施設「母の家」を創設。昭和6年二葉保育園園長,のち理事長。戦後も戦災母子や孤児の収容・保護につくした。昭和48年1月11日死去。85歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とくながゆき【徳永恕】

1887‐1973(明治20‐昭和48)
社会事業家。東京新宿の生れ。貧しい家に育ち,東京府立第二高等女学校(現,都立竹早高校)在学中から国禁の書を読み,キリスト教の洗礼をうけた。1908年卒業と同時に,四谷鮫ヶ橋の二葉幼稚園(1916年に二葉保育園と改称)保母となった。園の創立者野口幽香(ゆか)(1866‐1950)から〈二葉の大黒柱〉と信頼され,以後《青鞜》派にひかれつつもみずから後衛を任じ,つぎつぎと社会事業をおこした。19年不就学児童のための小学部を設置,21年には死か堕落の岐路にあえぐ母と子を収容する〈母の家〉を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳永恕の関連キーワード石井鶴三広島修道大学北海道新幹線遠藤お直(初代)坂田道男定金右源二渋谷隆太郎土居市太郎間島琴山渡辺仁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone