コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳田八十吉(初代) とくだ やそきち

1件 の用語解説(徳田八十吉(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田八十吉(初代) とくだ-やそきち

1873-1956 明治-昭和時代の陶芸家。
明治6年2月20日生まれ。荒木探令(たんれい)に日本画を,義兄の松本佐平九谷焼の絵付けをまなぶ。陶画業をいとなみながら釉薬(ゆうやく)の研究をすすめ,深厚釉というあたらしい色調の彩釉を創製した。銘は九谷八十吉。昭和28年無形文化財保持者。昭和31年2月20日死去。83歳。石川県出身。旧姓は二木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳田八十吉(初代)の関連キーワード宇野宗甕伊東陶山(3代)大森光彦加藤景秋叶光夫小橋川仁王坂倉新兵衛(12代)林景正森野嘉光八木一艸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone