コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳風 トクフウ

デジタル大辞泉の解説

とく‐ふう【徳風】

《「論語顔淵から》が人を感化することを風にたとえていった語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とくふう【徳風】

仁徳の感化の及ぶさまを風にたとえていった語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徳風の関連キーワード德・瀆・匿・得・徳・特・督・禿・篤ダウラギリ池田徳定山路主住日峰宗舜門屋孤舟松永尺山山路諧孝小沢蘭江安田其親蔀関牛貞門風寛政暦片岡徳森士行銭湯貞門仁徳印融

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳風の関連情報