コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心無し/裏無し ウラナシ

デジタル大辞泉の解説

うら‐な・し【心無し/裏無し】

[形ク]
心の内を包み隠さない。隔て心がない。
「世のはかなき事も、―・く言ひ慰まむこそうれしかるべきに」〈徒然・一二〉
物事を深く考えない。うっかり安心している。
「かかりけることもありける世を、―・くて過ぐしけるよ」〈朝顔

こころ‐なし【心無し】

思慮分別のないこと。思いやりのないこと。また、その人。
「例の―の、かかるわざをして」〈若紫

しん‐なし【心無し/芯無し】

中に芯を入れてないもの。内部がからになっているもの。「―の

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころなし【心無し】

思慮・分別のないこと。また、その人。 「然る-は生きても何いかにかはせん/今昔 19

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心無し/裏無しの関連キーワード思慮分別心の内思慮今昔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android