コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心無い ココロナイ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐な・い【心無い】

[形][文]こころな・し[ク]
思慮がない。無分別である。「―・い観光客が残したごみ」⇔心ある
他人に対して思いやりがない。情がない。「病人にとっては―・い言葉だ」
情趣を解しない。無風流である。「―・い人が花を折る」⇔心ある
「―・き身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」〈新古今・秋上〉
人間の心をもっていない。無情である。
「―・き草木といへどあはれなり」〈古今・哀傷・詞書〉
私意・私情をもたない。ふたごころがない。
「―・くして奥州に御供して」〈義経記・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころない【心無い】

( 形 ) [文] ク こころな・し
思慮がない。分別がない。 ↔ 心ある 「 - ・い子供たちのいたずら」
他に対する思いやりがない。 「当人の将来を考えぬ-・い仕打ち」
趣を解さない。物の風情ふぜいがわからない。 「桜の枝を折る-・い人」
(無生物について)知・情・意をそなえていない。 「木は此れ-・し。何いかでか音こえを出ださんや/今昔 12
関心がない。熱意がない。 「書に-・し/胆大小心録」
▽↔ 心あり
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心無いの関連キーワードマタニティー・ハラスメント心有り心有る

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心無いの関連情報