コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心臓弁膜症と歯科治療 しんぞうべんまくしょうとしかちりょう

1件 の用語解説(心臓弁膜症と歯科治療の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんぞうべんまくしょうとしかちりょう【心臓弁膜症と歯科治療】

 心臓弁膜症の原因となったり、急激に増悪(ぞうあく)する心内膜炎(しんないまくえん)(「心内膜炎」)という病気があります。細菌などの病原体が心内膜にとりついて炎症をおこすためにかかる場合があり、重篤(じゅうとく)な結果をきたすことが多く、注意が必要です。
 心内膜炎は、起因菌が血液中に入り込み体内を循環するうちに心内膜にとりついておこると考えられています。多くの細菌のなかでも緑連菌(りょくれんきん)という細菌が心内膜にとりつきやすいとされていますが、この菌は口腔内(こうくうない)に常に存在するところから、抜歯(ばっし)などの歯科での外科的治療に引き続いて発症するおそれがあります。
 したがって心臓弁膜症、とくに僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)(「僧帽弁閉鎖不全症」)、大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)(「大動脈弁閉鎖不全症」)や人工弁置換術(じんこうべんちかんじゅつ)を受けている患者さん(ほかに心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)、動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)など)は、歯科での処置に先だって、自分が心臓弁膜症であることを歯科医に必ず告げるようにしてください。
 また、ワルファリンカリウム(ワーファリン)による抗凝固療法を受けていることも抜歯後の止血に影響します。
 これらのことを考慮しますと、歯科治療を受ける際には、循環器科主治医の紹介状を用意することが望ましいといえます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

心臓弁膜症と歯科治療の関連キーワード心臓弁膜症脳塞栓弁置換術心臓病心臓弁膜狭窄症VDH閉鎖不全症弁形成術弁膜症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone