コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応援団 オウエンダン

4件 の用語解説(応援団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうえん‐だん〔オウヱン‐〕【応援団】

特定のスポーツ選手やチームをひいきにして、試合などの際に組織的に応援する人々。また、広く、特定の人に助力したり賛同したりする人々。「人気チームの応援団」「働く母親たちの応援団

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうえんだん【応援団】

競技における選手の士気や意欲を高めるために,観衆の応援を指導する組織的な集団をいう。一般的には,観衆の声援や拍子,応援歌をはじめとする士気高揚のための歌唱といった応援行為を演武によって指導,統轄するリーダー部と音楽演奏を行う吹奏部から構成されている。競技の勝利は競技者個人の栄光にとどまらず,彼が所属し,代表する集団や社会の威光と結びつき,また,観衆は自己と競技者を同一視する傾向をもっているから,競技会に応援はつきものとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうえんだん【応援団】

その選手・チームなどを応援する人々の集まり。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応援団
おうえんだん

スポーツゲームで味方の選手を励ますために組織された団体。1890年(明治23)東京・隅田(すみだ)川で挙行された第一高等学校(現東京大学教養学部)対東京高等商業学校(現一橋大学)のボートレースが始まりといわれる。一高は白旗で浅草側。高商は赤旗で向島側に舟を並べて応援団が対抗した。この情景を「屋島、壇ノ浦の戦いもかくやと思われたり」と新聞が報道したほど、双方応援団がエキサイトしたため、以後当分レースが中止された。1906年(明治39)秋、早慶野球試合が中止に至る経過も同様である。このように応援団は大学スポーツに端を発し、一般に応援団とよばれているのは応援指導部のことであり、これが一般学生を指揮して応援団を形成すると考えられる。応援団の存在は野球を中心にクローズアップされた。明治末年から開始された一高・三高(現京都大学)戦、1925年(大正14)秋に復活した早慶(そうけい)戦に、多数の学生を集めた大応援団が組織された。野球ゲームは、攻守交代などインターバルが長いため、応援がしやすく、かつ応援の効果があがるからである。
 現在では、応援の方法には各種のくふうがなされ、ブラスバンドを編成してスタンドに座らせ、バトン・トワラーを参加させるなど、太鼓しか使わなかった昔と比べて、明るく華やかなものとなった。なお、アメリカのアイビー・リーグの応援などは個人が自発的に行っているものが多く、組織されたものとはいえず応援団とはよべない。[神田順治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応援団の関連キーワード紙価を高めるシニアタオルを投げる高めるアスリートファンド鼓譟ラッキールーザー障害者週間運動選手シニア競技

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応援団の関連情報