コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応神陵 おうじんりょう

百科事典マイペディアの解説

応神陵【おうじんりょう】

誉田御山(ほんだごびょうやま)古墳,誉田山(こんだやま)古墳とも。大阪府羽曳野市の古市(ふるいち)古墳群にある5世紀前半の前方後円墳。全長420m,日本第2の大きさと,墳丘の体積では第1位の規模。
→関連項目応神天皇大阪[府]古市古墳群

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうじんりょう【応神陵】

応神天皇を葬ったという恵我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)に同定されている前方後円墳。ただし《日本書紀》には記載を欠く。大阪府羽曳野市誉田(こんだ)の台地上にほぼ北面して築かれ,三段築成で,両側のくびれ部に造り出しを有する。全長415m,後円部径267m,前方部幅330m,後円部高36m,前方部高35m,墳丘の体積約150万m3をはかる。仁徳陵に次いで,日本第2の大型古墳である。墳丘および中堤には,窖窯(あながま)で焼成された埴輪がめぐる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の応神陵の言及

【アリ山古墳】より

…大阪府藤井寺市野中にある1辺45mの方墳。古市古墳群の中に位置し,応神陵の西濠に接して築かれていて,埴輪,葺石もある。墳頂部の中央,南,北の3ヵ所から遺物を出土した。…

※「応神陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応神陵の関連キーワード応神陵古墳と履中陵古墳百舌鳥百舌鳥・古市古墳群誉田御廟山古墳羽曳野[市]誉田山古墳応神天皇陵アリ山古墳餌香市丹比道修羅陪冢

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応神陵の関連情報