コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怒りをこめてふり返れ いかりをこめてふりかえれLook Back in Anger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

怒りをこめてふり返れ
いかりをこめてふりかえれ
Look Back in Anger

イギリスの戯曲。3幕。 J.オズボーン作。 1956年5月8日,ロンドンロイヤル・コート劇場で,T.リチャードソンの演出によりイギリス舞台劇団が初演。大学を出ながら駄菓子屋を営むジミー・ポーターと妻アリスンの住む安アパートを舞台に,手当り次第にすべてを罵倒するジミーの姿を通して,既成の社会に対する 1950年代の青年の不満,焦燥,絶望,怒りを描いた作品。この作品は停滞したイギリス劇壇に強い衝撃を与え,オズボーンに続いて怒れる若者たち呼ばれる新しい世代の作家が次々と出現した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

怒りをこめてふり返れ
いかりをこめてふりかえれ
Look Back in Anger

イギリスの劇作家ジョン・オズボーンの戯曲。1956年5月、イギリス舞台協会によりロンドンのロイヤル・コート劇場で初演。初めは静かな滑り出しであったが、ほどなく爆発的人気をよぶようになり、18週間のロングランを続け、新進劇作家輩出の呼び水の、さらには「怒れる若者たち(アングリー・ヤングメン)」とよばれる文化現象の口火を切る役割を果たすことになった。男女の三角関係を扱った3幕のリアリズム演劇という従来の型どおりの枠組みのなかで、主人公のジミー・ポーターがまったく新しい戦後世代のタイプの登場人物として型破りで新鮮な魅力をもったのである。三流大学を出て田舎(いなか)町で屋台の菓子屋をやり、イギリスの過去の栄光を羨望(せんぼう)しまた非難し、拠(よ)るべきまた倒すべき大義のない現代を呪(のろ)い、自分や妻を愛しまた憎み、さまざまな矛盾に苦悩するジミーの饒舌(じょうぜつ)は、当時の鬱積(うっせき)した社会的感情のいわばはけ口であった。日本でも1959年(昭和34)5月、文学座アトリエ公開公演として初演。[中野里皓史]
『青木範夫訳『世界文学大系 95 怒りをこめてふりかえれ』(1965・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

怒りをこめてふり返れの関連情報