鬱積(読み)ウッセキ

デジタル大辞泉の解説

うっ‐せき【鬱積】

[名](スル)
不平不満や怒りなどの感情が、はけ口のないままに心の中に積もっていること。「心中に鬱積した憤懣(ふんまん)」
出口をふさがれて、内に滞りたまること。「鬱積した疲労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うっ‐せき【鬱積】

〘名〙 (多く「━する」の形で用いる)
① 気などが外に出られないで、あたりがふさがるほどに満ち積もること。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「夫の奈良の朝より次第に鬱積したる文弱の空気の中に」
② 不平、怒り、悩みなどの感情が、おさえつけられて心の中にこもり積もること。
※山陽遺稿(1841)詩集・七・患咳血戯作歌「欝積徒成磊塊凝、欲吐不吐中逾熱」
※新世帯(1908)〈徳田秋声〉三四「自分の胸には、お作以上の不平も鬱積してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報