鬱積(読み)うっせき

精選版 日本国語大辞典「鬱積」の解説

うっ‐せき【鬱積】

〘名〙 (多く「━する」の形で用いる)
① 気などが外に出られないで、あたりがふさがるほどに満ちもること。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「夫の奈良の朝より次第に積したる文弱の空気の中に」
不平、怒り、悩みなどの感情が、おさえつけられて心の中にこもり積もること。
※山陽遺稿(1841)詩集・七・患咳血戯作歌「欝積徒成磊塊凝、欲吐不吐中逾熱」
※新世帯(1908)〈徳田秋声〉三四「自分の胸には、お作以上の不平も鬱積してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鬱積」の解説

うっ‐せき【鬱積】

[名](スル)
不平不満や怒りなどの感情が、はけ口のないままに心の中に積もっていること。「心中に鬱積した憤懣ふんまん
出口をふさがれて、内に滞りたまること。「鬱積した疲労」
[類語]憂鬱憂愁沈鬱メランコリー気鬱気塞ぎ鬱鬱陰鬱暗鬱鬱屈鬱結鬱気鬱悶抑鬱憂さ鬱陶しい不服不平不満不満足不足鬱憤うっぷん物足りないあっけないあえない飽き足りない食い足りない意に満たない期待外れ当て外れ不本意いら立ちいらつくいら立つ今一いまいち今一つもう一つ不完全燃焼フラストレーションクレーム不承知心外愚痴繰り言ぐずぐず難色難色を示す首を振る首を横に振る首をひねるかぶりを振る如何なものか口を尖らす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「鬱積」の解説

【鬱積】うつせき

心ふさぐ。鬱塞張華雑詩、三首、三〕思ひを懷(いだ)くこと、豈にんならざらんや 物に感じて、重ねて鬱積す

字通「鬱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android