駄菓子屋(読み)だがしや

  • だがしや ダグヮシ‥

世界大百科事典 第2版の解説

駄菓子をあきなう店。駄菓子は安価な材料を使った粗製の菓子のことで,《続飛鳥川(ぞくあすかがわ)》によると18世紀後半の江戸では,板おこし,だるま,栗焼,ニッケイ糖,大ころばしなどが代表的なものだった。いずれも内容ははっきりしないが,黒砂糖を使ったおこしやあめの類が多かったようである。それらをどこの町でも番太郎副業として,わらじ,鼻紙,もぐさ,ろうそくなどの荒物(あらもの)とともに番小屋であきなっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 駄菓子を作ったり売ったりする家。また、その人。駄菓子店。
※洒落本・傾城買四十八手(1790)やすひ手「だぐゎしやのしちりんを見るやうだ」
[語誌]原型は近世における番小屋といういわば公共的な空間で、番太郎(木戸番)の副業として商われていた。そこでは黒砂糖や値段の安い材料で作る菓子が売られ、文化・文政期(一八〇四‐三〇)に発達した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駄菓子屋の関連情報