不満(読み)ふまん

精選版 日本国語大辞典「不満」の解説

ふ‐まん【不満】

〘名〙 (形動)
① 不完全なこと。不十分なこと。不足していること。また、そのさま。
※勝鬘経義疏(611)一乗章「七徳不満者、一智慧不満、二断不足」
② 満足しないこと。ものたりなく思うこと。また、そのさま。不満足。
※漢書列伝綿景抄(1467頃)張陳王周伝第一〇「心に不満な事があればわるいぞ」 〔曾鞏‐撫州顔魯公祠堂記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不満」の解説

ふ‐まん【不満】

[名・形動]もの足りなく、満足しないこと。また、そのさまやそう思う気持ち。不満足。「不満を口にする」「不満な点が残る」「欲求不満
不平[用法]
[派生]ふまんがる[動ラ五]ふまんげ[形動]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android