コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性脳症 キュウセイノウショウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐のうしょう〔キフセイナウシヤウ〕【急性脳症】

原因不明の中枢神経障害。突然に発症し、高熱痙攣(けいれん)などの症状があり、重くなると意識不明となり死亡する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

きゅうせいのうしょう【急性脳症 Acute Encephalopathy】

[どんな病気か]
 細菌やウイルスの感染、中毒その他のいろいろな原因で脳がむくみ、突然、意識障害やけいれんをおこす病気です。原因がわからないこともあります。
 発熱をともなうことが多く、下痢(げり)や嘔吐(おうと)がおこることもあります。
 意識障害やけいれんが治まりにくい傾向があって、後に重症のけいれんや精神運動障害などの後遺症を残すケースがしばしばです。
 ライ症候群(コラム「ライ症候群」)も、この急性脳症の1つです。
 血液、髄液(ずいえき)、脳波の検査や、CT、MRIなどの画像診断で診断します。
[治療]
 全身のけいれんや意識障害に対しては、けいれんを止め、脳を保護する治療(抗けいれん薬や脳のむくみをとる薬、酸素吸入など)を行ないます。
 症状が落ちついたら、後遺症に対する治療(機能訓練、抗けいれん薬の使用、知的障害に対する教育上の配慮など)を行ないます。
 障害が強ければ、専門の施設への通院が必要になることもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

急性脳症の関連キーワードインフルエンザ脳症インフルエンザ急性小児片まひRSウイルスNCSEかび毒杉平茸鉛中毒

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性脳症の関連情報