コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迫る/逼る セマル

デジタル大辞泉の解説

せま・る【迫る/×逼る】

[動ラ五(四)]
圧倒するような勢いで近づいてくる。押し寄せる。また、せり出している。「噴出した溶岩が人家に―・る」「激しく敵陣に―・る」「鬼気が身に―・る」「山が背後に―・っている地勢」
空間的、時間的に隔たりが小さくなる。接近する。
㋐間がせばまり、もう少しで届きそうである。「両岸が―・っている渓谷」
㋑時期や期限が近づく。「死期が―・る」「締切が―・る」
㋒ある状態に近づく。「核心に―・る」
詰まって苦しむ。特に、呼吸が激しくなって息苦しくなる。感情が高ぶってきて胸がしめつけられる感じになる。「息が―・る」「思いが胸に―・る」
行き詰まってゆとりがなくなる。せっぱつまる。困窮する。「悠揚―・らぬ態度」「貧に―・る」
相手にこちらの考えを聞き入れるように積極的に求める。強い態度で要求する。強いる。「返答を―・る」「復縁を―・る」「必要に―・られる」

せ・る【迫る】

[動ラ四]《少しずつ間をせまくする意から》せきたてる。督促する。
「花車(くわしゃ)はなぜ遅いぞ。五兵衛行って―・ってくれ」〈浄・冥途の飛脚

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せる【迫る】

( 動五[四] )
少しずつ、上方・前方へ移動する。 「 - ・り上がる」 「 - ・り出す」
催促する。急がせる。 「五兵衛行つて-・つてくれ/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

迫る/逼るの関連キーワード切り捨てSONY/リストラ部屋は何を奪ったかオールオアナッシング花森安治の仕事古墳殺人事件勝ちに乗ずる尻を持ち込む命旦夕に迫る眉に火がつく宵闇が迫る夕闇が迫る旦夕に迫る吉原手引草迫り掛く不当処分渾然一体然れども攻寄せる吠え付く目睫の間眉に迫る

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android