コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性三品説 せいさんぴんせつXing-san-pin-shuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性三品説
せいさんぴんせつ
Xing-san-pin-shuo

中国哲学の性論の一つで,人間本性には,上中下の3等があるとする。人間を上知中人下愚に分ける考えは,『論語』にもその原型がみられるが,これが性論として確立したのは後漢以後のことである。唐代の文人韓愈が,その著書『原性』のなかでこの説を強調したのは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいさんぽんせつ【性三品説 xìng sān pǐn shuō】

〈せいさんぴんせつ〉とも読む。中国において,人間を上中下の3種類に分ける考え方はすでに《論語》にみえているが(ただ上知と下愚とは移らず),これを本性の善悪と結びつけた性三品説は,董仲舒(とうちゆうじよ),王充,荀悦(じゆんえつ)などの漢代の学者に始まる。たとえば王充は,上智は極善,下愚は極悪であっていずれも教化の対象外であり,ただ中人のみが教育しだいで善にも悪にもなると述べている(《論衡(ろんこう)》本性篇)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

性三品説の関連キーワード人性論(中国思想)中国哲学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android