性助入道親王(読み)しょうじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性助入道親王 しょうじょにゅうどうしんのう

1247-1283* 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の第6皇子。
宝治(ほうじ)元年7月23日生まれ。母は三条公房の娘。建長3年親王。正嘉(しょうか)元年真言宗仁和(にんな)寺の法助について出家,翌年六勝寺検校(けんぎょう)・総法務となる。和歌にすぐれ,「続古今和歌集」などに収録されている。後中御室,甘露王院宮とよばれた。弘安(こうあん)5年12月19日死去。36歳。俗名は省仁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

性助入道親王 (しょうじょにゅうどうしんのう)

生年月日:1247年7月23日
鎌倉時代後期の後嵯峨天皇の第6皇子
1282年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android