恋敵(読み)こいがたき

精選版 日本国語大辞典「恋敵」の解説

こい‐がたき こひ‥【恋敵】

〘名〙 恋の競争者。自分の恋愛を妨げ、または奪おうとする人。恋のかたき。
※一握の砂(1910)〈石川啄木〉忘れがたき人人「死にしとかこのごろ聞きぬ 恋(コヒ)がたき 才あまりある男なりしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恋敵」の解説

こいがたき【恋敵】[戯曲]

《原題The Rivalsシェリダンの処女戯曲。5幕。1775年初演の恋愛喜劇。

こい‐がたき〔こひ‐〕【恋敵】

恋の競争相手。自分が恋する人に、同様に恋している人。
[補説]作品名別項。→恋敵
[類語]相手かたきライバル好敵手仇敵難敵宿敵敵方敵手怨敵大敵強敵天敵外敵政敵論敵・競争相手・対戦相手・碁敵ごがたき商売敵獅子身中の虫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android