コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒星天文学 コウセイテンモンガク

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐てんもんがく【恒星天文学】

恒星の物理的性質・分布・運動などを研究し、恒星の進化や銀河系の構造を究明する天文学の一分野。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいてんもんがく【恒星天文学 stellar astronomy】

恒星の天球上での分布,距離,運動,物理的・化学的諸特性の間の相関関係を統計的手法で解析し,サンプル星の諸特性を統計的に推測する天文学の一分野。恒星統計学ともいう。恒星ヘルツシュプルング=ラッセル図,恒星の質量・光度関係,恒星までの距離を推定するための永年視差および分光視差ケフェイド変光星の変光周期・絶対光度関係,恒星のスペクトル型・速度分散関係,太陽運動,銀河回転などはすべて恒星に統計学を適用して見いだされたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいてんもんがく【恒星天文学】

天文学の一分野。恒星の分布や運動、物理・化学的特性を統計的に解析し、恒星の進化や銀河系の構造を研究する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恒星天文学の関連キーワードハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))H. ミヌール位置天文学ミヌール

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android