コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒星天文学 コウセイテンモンガク

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいてんもんがく【恒星天文学 stellar astronomy】

恒星の天球上での分布,距離,運動,物理的・化学的諸特性の間の相関関係を統計的手法で解析し,サンプル星の諸特性を統計的に推測する天文学の一分野。恒星統計学ともいう。恒星ヘルツシュプルング=ラッセル図,恒星の質量・光度関係,恒星までの距離を推定するための永年視差および分光視差ケフェイド変光星の変光周期・絶対光度関係,恒星のスペクトル型・速度分散関係,太陽運動,銀河回転などはすべて恒星に統計学を適用して見いだされたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいてんもんがく【恒星天文学】

天文学の一分野。恒星の分布や運動、物理・化学的特性を統計的に解析し、恒星の進化や銀河系の構造を研究する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android