コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵山遺跡 えさんいせき

世界大百科事典 第2版の解説

えさんいせき【恵山遺跡】

北海道,渡島半島の東部,恵山町の津軽海峡に面した標高15mの段丘先端近くにある続縄文時代の遺跡。古くから精巧な骨角器が採集されていたが,1940年と66年の2回,学術調査が行われた。東北地方北部の弥生式土器である田舎館式,二枚橋式土器などに近い恵山式土器の出土する標準遺跡であり,墳墓と薄い貝層が発見されている。墓壙の平面形は,長・短軸が170cm,70cmの楕円形で,深さ60~130cm。埋葬された遺体は,ほとんど腐食していたが,西北頭位・屈葬で,土器・石器が副葬されており,墓壙上には大小の礫を積み,まれに組石状に配置されているものもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android