(読み)コイ

デジタル大辞泉の解説

こい〔こひ〕【恋】

特定の人に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。「に落ちる」「に破れる」
土地・植物・季節などに思いを寄せること。
「明日香川川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき―にあらなくに」〈・三二五〉
[補説]書名別項。→

れん【恋〔戀〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]こう こい こいしい
〈レン〉
対象に強く引かれる。思いこがれる。「恋着恋慕恋恋愛恋
男女の愛。「恋愛恋歌恋情失恋邪恋悲恋
〈こい(ごい)〉「恋心恋人恋文色恋片恋妻恋初恋

こい【恋】[書名]

小池真理子の恋愛小説。学園紛争の時代を背景に、3人の男女の倒錯した愛の世界を描く。平成7年(1995)発表。同年、第114回直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こい【恋】

特定の異性に強く惹かれ、会いたい、ひとりじめにしたい、一緒になりたいと思う気持ち。 「 -に落ちる」 「 -のさやあて」 「 -に憂き身をやつす」
古くは、異性に限らず、植物・土地・古都・季節・過去の時など、目の前にない対象を慕う心にいう。 「明日香川川淀去らず立つ霧の思ひ過ぐべき-にあらなくに/万葉集 325

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恋の関連情報