コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイ

デジタル大辞泉の解説

こい〔こひ〕【恋】

特定の異性に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。「に落ちる」「に破れる」
土地・植物・季節などに思いを寄せること。
「明日香川川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき―にあらなくに」〈・三二五〉
[補説]書名別項。→

れん【恋〔戀〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]こう こい こいしい
〈レン〉
対象に強く引かれる。思いこがれる。「恋着恋慕恋恋愛恋
男女の愛。「恋愛恋歌恋情失恋邪恋悲恋
〈こい(ごい)〉「恋心恋人恋文色恋片恋妻恋初恋

こい【恋】[書名]

小池真理子の恋愛小説。学園紛争の時代を背景に、3人の男女の倒錯した愛の世界を描く。平成7年(1995)発表。同年、第114回直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こい【恋】

特定の異性に強く惹かれ、会いたい、ひとりじめにしたい、一緒になりたいと思う気持ち。 「 -に落ちる」 「 -のさやあて」 「 -に憂き身をやつす」
古くは、異性に限らず、植物・土地・古都・季節・過去の時など、目の前にない対象を慕う心にいう。 「明日香川川淀去らず立つ霧の思ひ過ぐべき-にあらなくに/万葉集 325

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恋の関連キーワードセプテンバーセックス恋に上下の隔て無しシークレットラブラブストーリー恋は思案の外榻の端書きラブソング道行き人空しき空音無の滝習はし物コイバナ酒上不埒馴れ初め消え侘ぶ解き衣の音に泣く恨み侘ぶ雲居遥か恋の関守

恋の関連情報