コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟彦親王 これひこしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟彦親王 これひこしんのう

850-883 平安時代前期,文徳(もんとく)天皇の皇子。
嘉祥(かしょう)3年生まれ。母は滋野奥子(しげのの-おくこ)。貞観(じょうがん)10年常陸(ひたち)太守となる。上総(かずさ),上野(こうずけ)の太守をへて中務卿(なかつかさきょう)兼大宰帥(だざいのそち)。元慶(がんぎょう)7年1月29日死去。34歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

惟彦親王の関連キーワード平氏(へいし)濃子内親王滋野縄子平惟世平氏

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android