コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感熱・感圧色素 かんねつかんあつしきそ

1件 の用語解説(感熱・感圧色素の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんねつかんあつしきそ【感熱・感圧色素】

熱や圧力の作用で酸と接触すると発色する色素。色素自体に感熱・感圧性があるのではない。感圧複写紙感熱記録紙に利用されるが,両用とも色素はほぼ共通していて,使用される代表的な色素は,トリフェニルメタン‐フタリド系(クリスタルバイオレットラクトン,略号CVL),フルオラン系,フェノチアジン系などである。これらの色素は,通常は無色または微着色であるが,酸性白土フェノール樹脂ビスフェノールAなどの固体酸と接触すると実用的な高濃度に発色し,その発色は複写・記録紙に十分適合するような耐光性,耐昇華性,耐溶媒性を備えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

感熱・感圧色素の関連キーワード再結晶作用接触変成作用集電装置微差圧計分枝2-オキソ酸動的変成作用多相変成作用圧接触変成作用水和作用アイソグレード岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone