コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感熱・感圧色素 かんねつかんあつしきそ

1件 の用語解説(感熱・感圧色素の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんねつかんあつしきそ【感熱・感圧色素】

熱や圧力の作用で酸と接触すると発色する色素。色素自体に感熱・感圧性があるのではない。感圧複写紙感熱記録紙に利用されるが,両用とも色素はほぼ共通していて,使用される代表的な色素は,トリフェニルメタン‐フタリド系(クリスタルバイオレットラクトン,略号CVL),フルオラン系,フェノチアジン系などである。これらの色素は,通常は無色または微着色であるが,酸性白土フェノール樹脂ビスフェノールAなどの固体酸と接触すると実用的な高濃度に発色し,その発色は複写・記録紙に十分適合するような耐光性,耐昇華性,耐溶媒性を備えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone