両用(読み)りょうよう

精選版 日本国語大辞典「両用」の解説

りょう‐よう リャウ‥【両用】

〘名〙
① (━する) 方ともに用いること。また、両方ともに必要であるもの。
譬喩尽(1786)二「両用(リャウヨウ)の御といふことあり〈へ上る物に依て此方の物に御を付るなり。多く菓子の類なり〉」 〔戦国策‐韓策・宣恵王
② (━する) 一つの物を二通りに用いること。兼用すること。また、そのもの。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「右の推断於ては、同一の原則に反き、一概念を両用したるを以て、此誤に陥ゐりたるなり」
③ 両方の用便大便小便

りょう‐もちい リャウもちゐ【両用】

〘名〙 一つのものを二通りに用いること。両様に用いること。兼用。
※雑俳・露丸評万句合‐明和三(1766)「身を入てはたらく下女はりゃうもちひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android