両用(読み)りょうよう

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐よう リャウ‥【両用】

〘名〙
① (━する) 両方ともに用いること。また、両方ともに必要であるもの。
※譬喩尽(1786)二「両用(リャウヨウ)の御といふことあり〈向へ上る物に依て此方の物に御を付るなり。多く菓子の類なり〉」 〔戦国策‐韓策・宣恵王〕
② (━する) 一つの物を二通りに用いること。兼用すること。また、そのもの。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「右の推断に於ては、同一の原則に反き、一概念を両用したるを以て、此誤に陥ゐりたるなり」
③ 両方の用便。大便と小便。

りょう‐もちい リャウもちゐ【両用】

〘名〙 一つのものを二通りに用いること。両様に用いること。兼用。
※雑俳・露丸評万句合‐明和三(1766)「身を入てはたらく下女はりゃうもちひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう‐よう〔リヤウ‐〕【両用】

一つの物が二通りに役立つこと。兼用で使えること。「水陸両用」「晴雨両用の傘」
大便小便

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例