慧雲(1)(読み)えうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧雲(1) えうん

1730-1783* 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)15年1月14日生まれ。僧樸(そうぼく)にまなび,郷里の安芸(あき)(広島県)にかえり浄土真宗本願寺派の報専坊をつぐ。独自の講をつくり教えをひろめ,私塾甘露社で大瀛(だいえい),僧叡(そうえい)らをそだてる。宗旨にきびしく,門徒に神棚を撤廃させたので,「神棚おろしの報専坊」とよばれた。天明2年12月22日死去。53歳。字(あざな)は子潤。号は甘露,洞水,東岳。著作に「無量寿経安永録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android