コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憚り乍ら ハバカリナガラ

デジタル大辞泉の解説

はばかり‐ながら【×憚り×乍ら】

[副]
遠慮すべきことかもしれないが。恐れながら。「憚り乍らご注意申し上げます」
自分を誇示・主張するようであるが。不肖ながら。「憚り乍ら私はこれでも専門家です」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はばかりながら【憚り乍ら】

( 副 )
遠慮すべきかもしれないが、これから発言することを許してもらいたいという気持ちを表す。おそれおおいことですが。出過ぎたことですが。 「 -、申し上げます」
(多く後に「これでも…のはしくれだ」と続けて)他人から見れば取るに足りない者かもしれないが、あるいは生意気に聞こえるかもしれないが、これでも自分は、と自負したり誇示したりする気持ちを表す。生意気なようだが。大きな口をきくようだが。 「 -、これでも作家のはしくれです」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

憚り乍らの関連キーワード誇示

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android