身に余る(読み)みにあまる

精選版 日本国語大辞典「身に余る」の解説

み【身】 に 余(あま)

① 分不相応である。過分である。身に過ぎる
源氏(1001‐14頃)若菜上「の御徳には、うれしく、おもだたしきことをも、身にあまりて、並びなく思ひ侍り」
② 負担が大き過ぎて、自分の身には耐えられなくなる。
※順集(983頃)「わがおもひみにあまりぬやむねをやくこれよりまさるころはあらじな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「身に余る」の解説

あま・る

処遇が自分の身分業績を超えてよすぎる。過分である。身に過ぎる。「―・るお言葉」「―・る光栄
与えられた仕事や責任が自分の能力に比べて重すぎる。「―・る大役
[類語]恐縮有り難い謝る謝するわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝わびるかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい過分かしこまる畏れる謹むしゃちほこばる固くなる縮こまる小さくなるまじめ腐る身の縮む思い畏怖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android