コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐れ入る/畏れ入る オソレイル

2件 の用語解説(恐れ入る/畏れ入るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おそれ‐い・る【恐れ入る/畏れ入る】

[動ラ五(四)]
相手の好意などに対して、ありがたいと思う。恐縮する。「ご厚情のほど―・ります」
相手に失礼したり、迷惑をかけたりしたことに対して、申し訳なく思う。「恐れ入りますが」の形で、ものを頼んだり尋ねたりするときなどのあいさつの言葉としても用いる。恐縮する。「ご心配をおかけして―・ります」
あまりのことに驚き入るばかりである。
㋐相手の才能・力量に太刀打ちできないと思う。脱帽する。「―・った腕前だ」
㋑物事のひどさにあきれる。「あれで秀才とは―・るよ」
非常にこわがる。
「この法師いよいよ―・りたり」〈著聞集・一七〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おそれいる【恐れ入る】

( 動五[四] )
相手の優れている点に、すっかり感心して、まいったと思う。 「刑事の眼力に-・る」
相手のあまりのひどさに言う言葉もないほどにあきれる。 「 - ・った屁理屈」
目上の人に迷惑をかけたり失礼なことをしたりして申し訳ないと思う。 「また攻撃するやうで-・るが/二人女房 紅葉
相手の行為をありがたいと思う。
すっかりこわくなる。 「難波も瀬尾もともに-・りたりけり/平家 2」 → 恐れ入ります

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone