コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有(り)難い アリガタイ

デジタル大辞泉の解説

あり‐がた・い【有(り)難い】

[形][文]ありがた・し[ク]《あることがむずかしい、の意から》
人の好意などに対して、めったにないことと感謝するさま。「―・い助言」「―・く頂戴する」
都合よく事が進んでうれしく思うさま。「―・いことに雨がやんだ」「社にとっては―・くない状況だ」
またとないくらい尊い。もったいない。「―・い仏様」「―・いお言葉」
存在しがたい。珍しい。めったにない。
「―・きもの、舅にほめらるる婿」〈・七五〉
むずかしい。困難だ。
「前車の轍(てつ)を見る事は誠に―・き習ひなりけむかし」〈神皇正統記・後醍醐〉
世に生きることがむずかしい。生活しにくい。
「世の中は―・く、むつかしげなるものかな」〈・東屋〉
[派生]ありがたがる[動ラ五]ありがたげ[形動]ありがたさ[名]ありがたみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

有(り)難いの関連キーワード全国水平社/綱領・宣言・決議冥加も無い二葉亭四迷冥加無し御香奠誘かふ結句

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android