コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有(り)難い アリガタイ

1件 の用語解説(有(り)難いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あり‐がた・い【有(り)難い】

[形][文]ありがた・し[ク]《あることがむずかしい、の意から》
人の好意などに対して、めったにないことと感謝するさま。「―・い助言」「―・く頂戴する」
都合よく事が進んでうれしく思うさま。「―・いことに雨がやんだ」「社にとっては―・くない状況だ」
またとないくらい尊い。もったいない。「―・い仏様」「―・いお言葉」
存在しがたい。珍しい。めったにない。
「―・きもの、舅にほめらるる婿」〈・七五〉
むずかしい。困難だ。
「前車の轍(てつ)を見る事は誠に―・き習ひなりけむかし」〈神皇正統記・後醍醐〉
世に生きることがむずかしい。生活しにくい。
「世の中は―・く、むつかしげなるものかな」〈・東屋〉
[派生]ありがたがる[動ラ五]ありがたげ[形動]ありがたさ[名]ありがたみ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone