コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心苦しい ココログルシイ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ぐるし・い【心苦しい】

[形][文]こころぐる・し[シク]
心に痛みを感じるさま。つらく切ない。「彼の苦労を思うと私も―・い」
申し訳なく思うさま。気がとがめる。「こんなに親切にしていただいては―・い」
他を気遣うさま。気の毒だ。また、気がかりである。心配だ。
「いみじうあはれに―・しう、見捨てがたきことなどを」〈・一二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころぐるしい【心苦しい】

( 形 ) [文] シク こころぐる・し
(他人に対して)申し訳なく、すまない気持ちがする。気がとがめる。 「誠に-・いが、要請には応じかねる」
心に苦痛を感じる。心配だ。 「この御方の御いさめをのみぞ、なほ、わづらはしく、-・しう思ひ聞えさせ給ひける/源氏 桐壺」 「いと-・しく物思ふなるは/竹取」
(相手が)気の毒だ。いたわしい。 「かかる所に一人離れておはせむが、いと-・しうおぼえ給へばなり/宇津保 楼上・上」 〔上代には、自分に対してつらいと感ずるさまを表したが、平安時代には他人の身を思いやって心が痛む場合にも用い、また、相手がつらいと感ずる状態にあるの意も生じた。の意は近世以降の用法〕
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心苦しいの関連キーワード無下にするややまし傍ら苦し思ひ苦し気術無い見え苦し傍ら痛し気しんど生苦しシク多分憂い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心苦しいの関連情報