恐懼(読み)きょうく

精選版 日本国語大辞典「恐懼」の解説

きょう‐く【恐懼】

〘名〙 (「」はおそれるの意)
① (━する) おそれること。おそれいってちぢまること。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「延及今歳亦猶風雲気色有于常。朕心懼、日夜不休」 〔易経‐震卦〕
② 手紙の末尾に記し、差出し先の人に対する敬意を表わす語。
※随筆・秉燭譚(1729)二「文尾にこれを書くは、甚可畏と云意にて、中国の書牘に、恐懼恐惶と書より出るなり」
③ (━する) 昔、朝廷からお叱(しか)りを受けて、出仕を停止し、家にとじこもって謹慎すること。
※江談抄(1111頃)二「被于陰根。範国不堪。遽以笑。右府不案内。以咎及奏達。範国依此事恐懼」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恐懼」の解説

きょう‐く【恐×懼】

[名](スル)
おそれかしこまること。
しんただ―して落涙らくるいとどまらざるあるのみ」〈露伴運命
候文の手紙の末尾に記し、敬意を表す語。「再拝恐懼」「恐懼謹言」
昔、朝廷からとがめを受け、家にこもって謹慎すること。
[類語]恐縮有り難い謝る謝するわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝わびるかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分恐恐かしこまる畏れる謹むしゃちほこばる固くなる縮こまる小さくなるまじめ腐る身の縮む思い畏怖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「恐懼」の解説

【恐懼】きようく

おそれつつしむ。〔易、震、象伝〕(しき)りにあるは震なり。君子以て懼して脩省す。

字通「恐」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android