コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過分 カブン

デジタル大辞泉の解説

か‐ぶん〔クワ‐〕【過分】

[名・形動]
分に過ぎた扱いを受けること。また、そのさま。多く、謙遜しながら感謝を表す場合に用いる。「過分な(の)頂き物をする」
態度や振る舞いが、分際をわきまえないこと。また、そのさま。身分不相応。「過分な望みをいだく」
「父子ともに―の振る舞ひすると見しに合はせて」〈平家・二〉
程度や限度を超えていること。また、そのさま。
「やせ衰へたる牛などを安々と買ひとって…―に売り」〈虎明狂・牛博労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶん【過分】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
分に過ぎた扱いを受けること。身に余るさま。主に謙遜の意で用いる。 ↔ 応分 「 -なおほめにあずかる」
思い上がっていること。僭越なこと。 「平家以ての外に-に候ふ間/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

過分の関連キーワード高額医療・高額介護合算療養費制度グレート・アウェクニングCO2排出量の規制方法大阪府の私立高校無償化小松市の産廃放置問題日本改造法案大綱恐れ入ります質流地禁止令関税割当制度累進課税方式マグロ注意報動物報恩譚固定残業代然もそうず高額療養費部分定額制キャップ制可変資本不堪佃田大木喬任

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過分の関連情報