過分(読み)かぶん

精選版 日本国語大辞典「過分」の解説

か‐ぶん クヮ‥【過分】

〘名〙 (形動) 物事が限度や標準を越えていること。
① (━する) 身分にふさわしい程度以上の態度、ふるまいをすること。また、そのさま。
※将門記(940頃か)「将門が謬て分の望を負て」 〔晉書‐王敦伝〕
② 物の量が限度や標準を越えていること。十分すぎること。また、そのさま。
※名語記(1275)六「霖雨過分なりとて、天下の諸人あざみいとふばかりなりけり」
③ 身分にふさわしい程度以上の扱いを受けること。身にあまって、ありがたいこと。身分不相応で、もったいないこと。また、そのさま。⇔応分
※兵範記‐仁安二年(1167)七月二九日「依両方之顕要、預十ケ之職掌、不肖之質過分可恐」
※読本・昔話稲妻表紙(1806)四「商人どもかかるにぎはひに乗じて、過分(クヮブン)の福(さいはひ)を得んと」
④ (主に同輩や目下の人に対して、感動詞のように用いて) ありがとう、ご苦労さま、おせわさまなどの意味を表わす。
※咄本・百物語(1659)下「いかにや此町にみのやの彦右衛門といふ人やあるとたづねければ、此二町下(しも)なりと申。ひきゃく過分(クブン)なりとてはしり行」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「過分」の解説

か‐ぶん〔クワ‐〕【過分】

[名・形動]
分に過ぎた扱いを受けること。また、そのさま。多く、謙遜しながら感謝を表す場合に用いる。「過分な(の)頂き物をする」
態度や振る舞いが、分際をわきまえないこと。また、そのさま。身分不相応。「過分な望みをいだく」
「父子ともに―の振る舞ひすると見しに合はせて」〈平家・二〉
程度や限度を超えていること。また、そのさま。
「やせ衰へたる牛などを安々と買ひとって…―に売り」〈虎明狂・牛博労〉
[類語](1恐縮有り難い謝る謝するわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝わびるかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余るかしこまる畏れる謹むしゃちほこばる固くなる縮こまる小さくなるまじめ腐る身の縮む思い畏怖/(2分外

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「過分」の解説

【過分】か(くわ)ぶん

身分以上。宋・梅尭臣途中、尚書晏相公(殊)に寄上す、二十韻〕 生獨りを以て樂しむ 曾(すなは)ち未だ敢て賤を恥づることを爲さず なりと雖も、實になり 名姓は已にに知られたり

字通「過」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android