過分(読み)カブン

デジタル大辞泉の解説

か‐ぶん〔クワ‐〕【過分】

[名・形動]
分に過ぎた扱いを受けること。また、そのさま。多く、謙遜しながら感謝を表す場合に用いる。「過分な(の)頂き物をする」
態度や振る舞いが、分際をわきまえないこと。また、そのさま。身分不相応。「過分な望みをいだく」
「父子ともに―の振る舞ひすると見しに合はせて」〈平家・二〉
程度や限度を超えていること。また、そのさま。
「やせ衰へたる牛などを安々と買ひとって…―に売り」〈虎明狂・牛博労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶん【過分】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
分に過ぎた扱いを受けること。身に余るさま。主に謙遜の意で用いる。 ⇔ 応分 「 -なおほめにあずかる」
思い上がっていること。僭越なこと。 「平家以ての外に-に候ふ間/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過分の関連情報