勿体無い(読み)モッタイナイ

デジタル大辞泉「勿体無い」の解説

もったい‐な・い【×勿体無い】

[形][文]もったいな・し[ク]
有用なのにそのままにしておいたり、むだにしてしまったりするのが惜しい。「捨てるのは―・い」「使わないでおくには―・い人物」
身に過ぎておそれ多い。かたじけない。「―・いおほめのお言葉」
不都合である。ふとどきである。もってのほかである。
「是は言語道断―・きお言葉かな」〈虎明狂・右流左止〉
[派生]もったいながる[動ラ五]もったいなげ[形動]もったいなさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android