僭越(読み)センエツ

デジタル大辞泉の解説

せん‐えつ〔‐ヱツ〕【×僭越】

[名・形動]自分の地位や立場を越えて出過ぎたことをすること。また、そのさま。「僭越な言い方」「僭越ながら代表してあいさつをさせていただきます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐えつ ‥ヱツ【僭越】

〘名〙 (形動) 自分の身分や資格をこえて、出過ぎたことをすること。また、そのさま。僭踰(せんゆ)
元亨釈書(1322)上表「如是至宝不敢私蓄、敬上陛下、弗僭越耳」
※友情(1919)〈武者小路実篤〉上「自分が一体文学をやるのさへ、なのではないかと思った」 〔韓愈‐上襄陽于相公書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僭越の関連情報