コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐縮 キョウシュク

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゅく【恐縮】

[名・形動](スル)
おそれて身がすくむこと。
「家畜伝染のやまいとあるから、われ人ともに、―はいたしましたものの」〈魯文安愚楽鍋
相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。おそれいること。また、そのさま。「恐縮ですが窓を開けてくださいませんか」「お電話をいただき恐縮しております」
[派生]きょうしゅくがる[動ラ五]きょうしゅくげ[形動]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしゅく【恐縮】

( 名 ) スル
恐ろしくて身が縮むこと。 「家畜伝染のやまひとあるからわれ人ともに-はいたしたものの/安愚楽鍋 魯文
身も縮むほど恐れ入ること。恐悚きようしよう。 「おほめの言葉をいただき-しております」 「 -ですが、伝言をお願い致します」 〔依頼・礼・わびなどをいうときにも用いる〕
[派生] -が・る ( 動五[四] )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恐縮の関連キーワードヒトコトヌシノカミ(一言主神)あらあらかしこ這う這うの体御手を上げる勝手がましい誠にもって厚かましい言葉を返す尾籠・尾篭忝い・辱い小さくなる痛み入る恐れ乍ら梨元 勝恐れ入る勿体無い御持たせ一言主神誠恐謹言一別以来

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恐縮の関連情報