恐縮(読み)キョウシュク

デジタル大辞泉「恐縮」の解説

きょう‐しゅく【恐縮】

[名・形動](スル)
おそれてがすくむこと。
「家畜伝染のやまいとあるから、われ人ともに、―はいたしましたものの」〈魯文安愚楽鍋
相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。おそれいること。また、そのさま。「恐縮ですが窓を開けてくださいませんか」「お電話をいただき恐縮しております」
[派生]きょうしゅくがる[動ラ五]きょうしゅくげ[形動]
[類語]有り難い謝る謝するわびわび言平謝り陳謝謝罪多謝わびるかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分かしこまる畏れる謹むしゃちほこばる固くなる縮こまる小さくなるまじめ腐る身の縮む思い畏怖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「恐縮」の解説

きょう‐しゅく【恐縮】

〘名〙
① 恐れて身がちぢむこと。恐怖で身がすくむこと。恐悚(きょうしょう)
航米日録(1860)一「連日の風波人皆恐縮す」
② 相手に迷惑をかけたり、相手から厚意を受けたりして申訳なく思うこと。恐れ入って身を小さくすること。恐悚。
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉二「御他行のお妨を仕つりまして、実以て恐縮(キャウシク)ではございますが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android