コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲法96条

2件 の用語解説(憲法96条の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

憲法96条

憲法改正の手続きについて定める条項。憲法改正は「各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない」とし、承認は「特別の国民投票又(また)は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする」と定めている。自民党日本維新の会などは、発議要件を過半数に緩和することを主張している。

(2013-07-08 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憲法96条
けんぽうきゅうじゅうろくじょう

日本国憲法「第9章改正」に置かれている、日本国憲法の改正手続きについて定めた条文。全文は以下のとおり。
 「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」
 憲法改正の発議に必要な各議院での3分の2以上というハードルは高く、これまでに改正の発議が行われたことはない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

憲法96条の関連キーワード憲法改正制定家事事件手続法憲法改正に向けた動き国民投票法案自民党新憲法草案憲法改正への動き諸外国の憲法改正憲法第96条憲法改正条項

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

憲法96条の関連情報