コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成相山 なりあいさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成相山
なりあいさん

京都府北部,丹後半島の南東部,天橋立の北側にある山。別称鼓ヶ岳。標高 569m。宮津市に属する。中腹西国三十三所第28番札所の成相寺があり,傘松公園からの天橋立の眺望は,「天橋立股のぞき」で知られる。山麓の府中は丹後国府の所在地で,国分寺もあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なりあいさん【成相山】

京都府宮津市と与謝郡岩滝町,中郡大宮町の境界をなす山。鼓ヶ岳ともいう。標高569m。山頂は宮津湾奥にある天橋立の北側付け根の約3.5km北西にあたる。南東側の中腹にある真言宗成相寺は古来観音霊場として有名で,西国三十三所の第28番札所である。南側山麓に近い標高140m付近にある傘松公園からの天橋立の展望はすばらしく,南麓にある籠(この)神社の横からケーブルカーが通じている。延喜式内社の籠神社は丹後国一宮であり,〈海部氏系図〉(国宝)など多数の文化財を伝える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なりあいさん【成相山】

京都府北部、宮津市にある山。海抜569メートル。中腹からの天橋立のすぐれた眺望で知られる。鼓ヶ岳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

成相山の関連キーワード京都府宮津市丹後国分寺跡

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android