コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮津市 みやづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮津〔市〕
みやづ

京都府北部,若狭湾の支湾宮津湾栗田湾に面する市。1954年市制。1956年には由良村を編入して東の由良川が市境となる。市域の大部分が丹後山地で,平地は少ない。中心市街地の宮津は江戸時代には主として松平氏(本庄氏)の城下町,西廻海運の寄港地として発展。現在の宮津港は丹後の機業地を後背地とする商港メリヤスなどの繊維工業や水産加工業が行なわれ,宮城県の松島,広島県の厳島(宮島)と並ぶ日本三景の一つ天橋立(国の特別名勝)があり,観光地としてもにぎわう。宮津湾奥の阿蘇海北岸には国指定の史跡,丹後国分寺跡がある。また,国指定重要文化財の多宝塔がある智恩寺,国指定重要文化財の絹本著色紅玻璃阿弥陀像を所蔵する成相寺(なりあいじ)や国宝の海部氏(あまべうじ)系図を所蔵する籠神社などがある。湾岸部一帯は丹後天橋立大江山国定公園に属する。湾岸部を北近畿タンゴ鉄道が通り,国道178号線が並走する。面積 172.74km2(境界未定)。人口 1万8426(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みやづ‐し【宮津市】

宮津

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

宮津市の関連キーワード京都府宮津市万年新地京都府宮津市小田宿野京都府宮津市柳縄手京都府宮津市里波見京都府宮津市奥波見京都府宮津市日ケ谷京都府宮津市波路町京都府宮津市馬場先京都府宮津市中ノ丁京都府宮津市鏡ケ浦京都府宮津市獅子崎京都府宮津市岩ケ鼻京都府宮津市金屋谷京都府宮津市池ノ谷京都府宮津市中波見京都府宮津市今福京都府宮津市中村京都府宮津市万年京都府宮津市松尾京都府宮津市石浦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮津市の関連情報