コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時規約 せんじきやくmilitary convention or cartel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦時規約
せんじきやく
military convention or cartel

軍事規約ともいう。戦時において,軍司令官,艦隊司令官などの交戦当事者が,敵国の交戦当事者と結ぶ協定。これら交戦当事者は国家代表権を特に与えられていないが,交戦法規上協定締結権が認められる。全面的休戦協定は全軍司令官に,小部分休戦協定は当面部隊長に締結権が認められる。規約の内容は軍事的性質のもので,締結者の指揮下にある人員,兵器などに限定される。しかし,規約内容はその本国政府を拘束する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんじきやく【戦時規約】

戦時において両交戦国の軍司令官や部隊の指揮官の間で口頭または文書によりその権限内の軍事的事項に関して結ばれる合意のことで,軍事規約とも呼ばれる。軍司令官等は一般に相手と国際条約を締結する権限を与えられていないにもかかわらず,彼らの合意だけで成立する戦時規約は両交戦国を法的に拘束する。これは,戦時の特殊事情を考慮して,迅速性と実効性の観点から国際法が例外的に認めているものである。戦時規約は,軍司令官等の指揮下にある軍隊,軍事施設や装備等の軍事上の事項にのみかかわるもので,たとえば戦闘の一時停止,休戦,降伏,捕虜交換の協定がこれにあたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦時規約
せんじきやく
cartel

戦時において、両交戦国の軍司令官や部隊の指揮官の間でその権限内の軍事的事項に関して結ばれる合意のことで、軍事規約ともよばれる。軍司令官等は相手との条約締結権限を与えられていないが、彼らの結ぶ戦時規約は両交戦国を法的に拘束する。これは、戦時の特殊事情を考慮し迅速性と実効性の観点から、国際法上例外的に認められている。戦時規約は、軍司令官等の支配下にある軍隊、軍事施設・装備等の軍事上の事項のみにかかわり、戦闘の一時停止、休戦、降伏、捕虜交換等が合意の対象とされる。占領地域の割譲や国家組織の変更といった政治的・統治的事項については、戦時規約で取り決めることはできない。[藤田久一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android