コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宛 だいえんDa-yuan; Ta-yüan

6件 の用語解説(大宛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宛
だいえん
Da-yuan; Ta-yüan

中国,漢代の中央アジアフェルガナにあった代表的オアシス国家,およびフェルガナ地方に対する漢人の呼称。南北朝以後の史書には,破洛那,はつ汗,怖悍などと記される。国都は貴山城であるが,この地がどこに比定されるかは定説がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいえん〔ダイヱン〕【大宛】

中国代、西域フェルガナ盆地にあったイラン系民族の国名。また、その地域名。名馬といわれる汗血馬(かんけつば)の産地で、漢の武帝はこれを得るために遠征を行った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大宛【だいえん】

中央アジアフェルガナ地方に対する漢人の呼称。
→関連項目武帝(前漢)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいえん【大宛 Dà yuān】

前2世紀ころより中央アジアのフェルガナ地方に存在したイラン系民族の国家およびその地方に対する漢人の呼称。大宛の原語や意味については諸説があるがまだ明確でない。前漢の武帝(在位,前140‐前87)の時代に西域に出使した張騫(ちようけん)の報告によって初めて中国に知られるようになった。その頃の大宛は属下のオアシス70余,6万戸,人口30万を擁し,貴山城を治所とする王によって統治され,名馬やブドウの特産があったと伝わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいえん【大宛】

中国漢代、中央アジアのシルダリア上流のフェルガナ地方の称。汗血馬かんけつばの産地として有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone