コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸板養碩 といた ようせき

1件 の用語解説(戸板養碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸板養碩 といた-ようせき

?-1837 江戸時代後期の医師。
陸奥(むつ)登米(とめ)郡(宮城県)石森村の人。仙台藩医高屋養庵にまなび,帰郷して開業する。天保(てんぽう)8年6月同郡内の津島神社の祭礼の際,藩士佐藤某の弟に殺害された。のち養碩の弟新井雨窓らが諸国をめぐり,出羽(でわ)矢島(秋田県)で仇討ちをはたしたという。名は俊勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

戸板養碩の関連キーワード三角了敬井上杏安猪股秀哉片倉寿繁神戸習悦衣関順庵(1)久保田礼斎沢田玄良芳賀潜庵渡辺道甫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone