コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸板養碩 といた ようせき

1件 の用語解説(戸板養碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸板養碩 といた-ようせき

?-1837 江戸時代後期の医師。
陸奥(むつ)登米(とめ)郡(宮城県)石森村の人。仙台藩医高屋養庵にまなび,帰郷して開業する。天保(てんぽう)8年6月同郡内の津島神社の祭礼の際,藩士佐藤某の弟に殺害された。のち養碩の弟新井雨窓らが諸国をめぐり,出羽(でわ)矢島(秋田県)で仇討ちをはたしたという。名は俊勝。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸板養碩の関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone