扇車(読み)おうぎぐるま

精選版 日本国語大辞典「扇車」の解説

おうぎ‐ぐるま あふぎ‥【扇車】

〘名〙
① 紋所の名。要(かなめ)を中心に開いた扇を三つ組み合わせて円形にしたもの。
※浮世草子・椀久一世(1685)下「定紋の扇車(アフギグルマ)も無常を吹く風ぞかし」
② ①の形につくった風車。まわり灯籠などの上につけたりする。
※俳諧・毛吹草(1638)五「月の輪のめぐるはかな〈宗連〉」
③ 上式に用いる飾り物に扇三本を円形に結び、棟の上にたてた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「扇車」の解説

おうぎ‐ぐるま〔あふぎ‐〕【扇車】

三つの扇を要(かなめ)を中心にして円形に広げたもの。上棟式(じょうとうしき)のとき、棟木の上に立てる。扇子車(せんすぐるま)。
紋所の名。畳んだ扇を、要を中心にして車輪状に並べた形。
回り灯籠などにつける、1の形に作った、おもちゃの風車

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の扇車の言及

【農具】より

…水稲の場合は長い間竹蓆(むしろ)の上で石に打ちつけて脱穀していたが,明代ころから稲桶,稲床が使用されている。脱穀後の選別は空中にほうりあげて軽い物を除く原始的な方法から,唐・宋のころになって扇車が使用されるようになった。
[精白具(製粉具)]
 古くから竪杵と臼が使用され,搗杵(つきぎね)も先秦時代に見られる。…

※「扇車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android