手付金(読み)てつけきん

精選版 日本国語大辞典「手付金」の解説

てつけ‐きん【手付金】

〘名〙 手付として渡す金銭手金。てつけがね。
※御触書寛保集成‐三九・享保一五年(1730)八月「覚 家屋敷売買并家質書入之節、手付金之儀、〈略〉名主、五人組え相届、請取可申候」
※子をつれて(1918)〈葛西善蔵〉二「僅かばかしの手附金を置いて、晩に引越して来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の手付金の言及

【手付】より

…さまざまな種類の契約において用いられているけれども,売買に際して買主から売主に対して交付されることが多く,不動産売買においてはとくにしばしばみられる。交付されるのは金銭であることが通常であり,このためそのような金銭を手付金または手金ということもある。 手付にはその交付の目的によって次の3種類がある。…

※「手付金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android