コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手実 シュジツ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐じつ【手実】

律令制で、計帳作成のために、毎年6月にその家族の人数・年齢・性別などを記して、戸主から国司に提出させた申告書。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅじつ【手実】

直接に事実を書き記した文書。
律令制で、計帳作成のために戸主が国司に提出する戸籍帳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の手実の言及

【計帳】より

…6世紀に西魏の蘇綽(そしやく)により整えられ,均田租調役制下に盛唐まで使用された。当時毎年末に各戸主から戸口・田土を申告する〈手実〉を提出させ,県・州でまとめそれに基づいて当年徴収すべき課役を集計して州から都の民部(戸部)に送り,度支(たくし)が全国の財政計画を作成するたてまえであった。計帳には各戸のデータと,各段階での集計の両者が含まれる。…

※「手実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手実の関連キーワードホッパー(Dennis Hopper)市川猿之助(松竹専属・業務提携)茨城県立取手第二高等学校ジェーン モンハイト若き実力者たち王安石の新法租庸調・雑徭津端 道彦河本 栄得石田法嗣一九〇五萩原聖人竹内寿大帳使大計帳日本盛惣花名帳団貌文書

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手実の関連情報