コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続柄(読み)ゾクガラ

世界大百科事典 第2版の解説

つづきがら【続柄】

戸籍簿および住民票の記載に際して用いられる,一定の者との関係を示す用語。日本の戸籍制度は,欧米の個人別身分証書制度(身分登録制度)と比べて,一定の人間を中心として,その人からの続柄をもって他の人をとらえられるという特徴をもっている。続柄は大きく分けて,嫡出子について父母との関係を表す場合と,戸主世帯主など家族・世帯の統率者ないし代表者との親族的身分関係を表す場合の2種がある。現行法では,前者の場合として実父母との続柄(戸籍法13条4号)および養親との続柄(同法5号)があり,後者の場合として世帯主との続柄(戸籍法施行規則55条1号,住民基本台帳法7条4号など)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

続柄の関連情報