コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手島右卿 てしま ゆうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手島右卿 てしま-ゆうけい

1901-1987 昭和時代の書家。
明治34年11月3日生まれ。川谷尚亭(しょうてい),比田井天来(ひだい-てんらい)にまなぶ。昭和20年飯島春敬らと日本書道美術院を創設,のち独立書人団などを創立した。57年文化功労者。昭和62年3月27日死去。85歳。高知県出身。本名は南海巍(なみき)。作品に「抱牛」「崩壊」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

手島右卿の関連キーワード手島右卿(てじまゆうけい)手島右卿(てしまゆうけい)安芸市立書道美術館中澤希水昭和時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android