コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形保証 てがたほしょう Aval

4件 の用語解説(手形保証の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手形保証
てがたほしょう
Aval

手形上の債務を保証するための手形行為。 (1) 保証人には,被保証人以外の者ならば,だれでもなれる (手形法 30条2項) 。 (2) 手形または補箋に保証の文言と主たる債務者を記載して,保証人が署名すべきであるが,略式保証もある (31条) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てがた‐ほしょう【手形保証】

手形振出人引受人裏書人など手形債務者債務を、他の者が手形上において保証すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てがたほしょう【手形保証】

手形に保証の署名をすることによって、手形の債務者と同一内容の債務を負う手形行為。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手形保証
てがたほしょう

手形上の債務を担保する目的でなされる手形行為。手形外でなす保証(民事保証)と異なる。手形上になされる手形保証は、かえって手形の信用に疑問を抱かせるおそれがあるので、実際界では、この目的のために振出し・裏書などの担保的効力を利用し、保証人が通常の振出しや裏書の方式で手形関係に参加する場合が多い(隠れた手形保証)。手形保証は、被保証人を表示し、「保証」その他これと同一の意義を有する文字を記載し、保証人がこれに署名するという方式でなされるが、手形の表面にした単なる署名も振出人のための保証とみなされる。保証人は被保証人と同一の責任を負う。これは保証の従属性からみて当然のことであるが、他方、保証人は自己の手形行為により独立して手形上の義務を負担したものであるから、被保証債務が実質的に無効である場合にも手形保証は有効に成立し、手形上の義務を負わなければならない(手形法32条2項・77条3項)。これは手形行為独立の原則の手形保証への現れである。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手形保証の言及

【裏書】より

…債務の支払いのために小切手を譲渡することもあるが,小切手の場合には持参人払式のものとして振り出されているのが普通であり,裏書譲渡されることは日本ではほとんどない。経済的には手形保証(〈保証〉の項目参照)の目的であるが,法形式的には裏書署名をするという特殊な裏書もある(隠れた手形保証)。
[形式]
 裏書の形式には,記名式裏書(正式裏書)と白地式裏書(略式裏書)とがある。…

※「手形保証」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手形保証の関連キーワード偽造手形単名手形手形行為複名手形振出し外国為替手形手形裏書人手形勘定手形引受保証債務

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone