コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手白香皇女 たしらかのおうじょ

3件 の用語解説(手白香皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手白香皇女 たしらかのおうじょ

?-? 6世紀前半,仁賢(にんけん)天皇の皇女。
記・紀によれば母は春日大娘(かすがのおおいらつめの)皇女。継体天皇の皇后となり,欽明(きんめい)天皇を生む。「古事記」では手白髪郎女,手白髪命。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

手白香皇女

生年:生没年不詳
6世紀前半,継体天皇の皇后。仁賢天皇雄略天皇皇女の 春日大娘 の皇女。武烈天皇には子がなく,応神天皇5世孫を称する継体天皇が即位することになったとき,大伴金村のすすめで皇后となった。すでに地方豪族の娘を妃に迎えていたにもかかわらず,即位に当たって,武烈の妹で雄略天皇につながる皇女を皇后に迎えたのは,出自不明の継体が結婚を通じて仁徳天皇の系譜に結びつくためであろう。子は欽明天皇。『播磨国風土記』は手白髪命を顕宗・仁賢天皇の母とするが誤りであろう。『延喜式』諸陵寮は衾田墓を皇女の墓とするが,比定される奈良県天理市柳本町の西殿塚古墳は年代が合わない。

(小林茂文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たしらかのひめみこ【手白香皇女】

手白髪命とも記す。仁賢天皇の皇女。母は雄略天皇の皇女,春日大娘皇女。大伴金村のすすめにより継体天皇の皇后になった。継体天皇の他の后妃が地方豪族の女であるのに対し,唯一の皇族出身者であり,彼女の生んだ欽明天皇の優位の基礎となった。《播磨国風土記》では於奚(おけ)・袁奚(おけ)(仁賢・顕宗天皇)の母を手白髪命とする伝承もあるが,記紀の系譜とは合わない。【勝浦 令子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手白香皇女の関連情報