コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手白香皇女 たしらかのおうじょ

3件 の用語解説(手白香皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手白香皇女 たしらかのおうじょ

?-? 6世紀前半,仁賢(にんけん)天皇の皇女。
記・紀によれば母は春日大娘(かすがのおおいらつめの)皇女。継体天皇の皇后となり,欽明(きんめい)天皇を生む。「古事記」では手白髪郎女,手白髪命。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

手白香皇女

生年:生没年不詳
6世紀前半,継体天皇の皇后。仁賢天皇雄略天皇皇女の 春日大娘 の皇女。武烈天皇には子がなく,応神天皇5世孫を称する継体天皇が即位することになったとき,大伴金村のすすめで皇后となった。すでに地方豪族の娘を妃に迎えていたにもかかわらず,即位に当たって,武烈の妹で雄略天皇につながる皇女を皇后に迎えたのは,出自不明の継体が結婚を通じて仁徳天皇の系譜に結びつくためであろう。子は欽明天皇。『播磨国風土記』は手白髪命を顕宗・仁賢天皇の母とするが誤りであろう。『延喜式』諸陵寮は衾田墓を皇女の墓とするが,比定される奈良県天理市柳本町の西殿塚古墳は年代が合わない。

(小林茂文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たしらかのひめみこ【手白香皇女】

手白髪命とも記す。仁賢天皇の皇女。母は雄略天皇の皇女,春日大娘皇女。大伴金村のすすめにより継体天皇の皇后になった。継体天皇の他の后妃が地方豪族の女であるのに対し,唯一の皇族出身者であり,彼女の生んだ欽明天皇の優位の基礎となった。《播磨国風土記》では於奚(おけ)・袁奚(おけ)(仁賢・顕宗天皇)の母を手白髪命とする伝承もあるが,記紀の系譜とは合わない。【勝浦 令子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手白香皇女の関連キーワード仁賢天皇春日大娘皇女橘皇女中皇子難波小野王広媛(1)広媛(2)目子媛倭彦王荑媛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手白香皇女の関連情報