コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手練 シュレン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐れん【手練】

[名](スル)熟練した手際。よく慣れてじょうずな手並み。また、よく練習すること。「手練の早業」
「琵琶の上手なりしが、又三味線をも―し」〈田口日本開化小史

て‐れん【手練】

人をだましてあやつる技巧・方法。手管(てくだ)。
「娼妓(うかれめ)に―あるは当然にして」〈逍遥当世書生気質

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅれん【手練】

( 名 ) スル
熟練した、みごとな手並み。 「 -の早業」
練習して練れること。 「琵琶の上手なりしが又三味線をも-し/日本開化小史 卯吉

てれん【手練】

人を思うままに操りだます技巧。手管てくだ。 「此様な-をせねば、分限者にはなられぬ/浄瑠璃・傾城酒吞童子」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手練の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首アンコール・ワットロベルト ジョビージョニー広瀬&霞傾城買四十八手宿屋の女主人スライハンドクレオパトラ大悲千禄本谷風梶之助奥州(2)堀口敬巧手練手管打ち殺す浮れ女手取り如意輪パミラ魔術手事

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手練の関連情報