コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち出づ ウチイズ

デジタル大辞泉の解説

うち‐い・ず〔‐いづ〕【打ち出づ】

[動ダ下二]
広々とした所に出る。
「田子(たご)の浦ゆ―・でて見ればま白にそ富士の高嶺に雪は降りける」〈・三一八〉
さっと出る。
「谷風にとくる氷のひまごとに―・づる波や春の初花」〈古今・春上〉
出発する。出陣する。
「平太入道定次を大将として、…近江国へ―・でたりければ」〈平家・一〇〉
人前に押し出る。
「誰ともなく、あまたの中に―・でて」〈徒然・五六〉

㋐たたいて音や火などを出す。
「拍子―・でて、忍びやかにうたふ声」〈・篝火〉
㋑外に出す。特に、出衣(いだしぎぬ)をする。
「葡萄染(えびぞめ)の二重文の唐衣など―・でたり」〈栄花・根合〉
㋒口に出して言う。
「いかでこの男に物言はむと思ひけり。―・でむこと難くやありけむ」〈伊勢・四五〉
㋓声をあげて唱える。
「その寺の仏の御経をいとあらあらしう、たふとく―・で誦(よ)みたるにぞ」〈・一二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちいず【打ち出づ】

( 動下二 )
出る。開けた所に出る。 「田児の浦ゆ-・でて見れば/万葉集 318
目の前に出てくる。 「谷風にとくる氷のひまごとに-・づる波や春のはつ花/古今 春上
外に出す。特に、出衣いだしぎぬをする。 「二重文の唐衣など-・でたり/栄花 根合
馬に乗って戦場に向け出発する。出陣する。 「明日-・でんとての夜/平家 9
たたき合わせて音や火を出す。 「拍子-・でて忍びやかにうたふ声/源氏 篝火
口に出す。発言する。 「恥づかしげに静まりたれば、-・でにくし/源氏 帚木
声をあげて詠ずる。声高らかに歌う。 「拍子とりて席田むしろだ(=催馬楽ノ名)-・でさせ給ひけるに/大鏡 昔物語
文字や絵にかき表す。 「筥の蓋に葦手に-・でたるは/紫式部日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち出づの関連キーワード葡萄染御経

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android