打ち拉ぐ(読み)ウチヒシグ

デジタル大辞泉「打ち拉ぐ」の解説

うち‐ひし・ぐ【打ち拉ぐ】

[動ガ五(四)]
《主に受身の形で用いる》精神的な衝撃などで気力を完全になくさせる。意気消沈させる。「悲しみに―・がれる」
武器などで相手をたたきのめす。
「近付く敵あらば只一打に―・がんと」〈太平記・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android